子宮がん検診行ってきました

先日、とーーっても久しぶりに子宮がん検診を受けてきました。

大学時代、アメリカで暮らしていた頃はほぼ毎年 pap smear(アメリカでは『パップスメア』と呼びます)を受けていましたが、日本に帰ってきてからは一度受けたかな…?くらいだったので、久々に受けてみることにしました。

(ちなみに、アメリカでは大学生くらいの時から大体の女性はみんなパップスメアを受けます。というか受けることが結構当たり前です。)

去年も「久々に受けよう!」と思って受診票を送ってもらったのですが、気がついたら忘れちゃってました… 汗

 

私の暮らす世田谷区では、20歳以上の女性は子宮がん検診をなんと¥800で受けられる制度があります。自己負担だと¥8000くらいかかってしまうらしいので、とても大きいですよね。

子宮がん検診には、子宮頸部がん検診子宮体部がん検診の2種類があって、子宮頸がん検診は¥800、50歳以上などの条件に該当する女性は子宮体部がん検診を¥1000で受けられます。(住民税非課税世帯の方は無料)

ホームページから申し込むことも出来るし、受診できる医療機関が区内に44箇所もあって便利!

私は最近新しくなった近所の産婦人科で受けてきました。

実は最近生理痛がひどくて、場合によっては実費でも子宮体部がん検診もお願いしようと思って行ったところ、先生も一応やっておきましょうってことだったので両方受けてみました。

 

感想…

 

痛かったよー 涙

 

子宮頸がんの方は前にもやってるし大丈夫でしたが、子宮体部がんの方はちょっと生理痛に似たズーンとする痛み。先生も「ごめんね、痛いよね〜」と言いながら検診をしてくれました。

まぁいつもの生理痛に比べれば半分くらいの痛みで余裕でしたけど、「生理中じゃないのに自らあの痛みを作ってしまった!」とちょっと凹みました。でも自分の健康のためですから!オッケーオッケー!(頑張ってテンションあげましたよ、なはは)

 

結果を聞くのは3週間後とのことだったので、10月です。

I’m keeping my fingers crossed!

 

世田谷区に住んでる女性は料金も安いですし、定期的に子宮頸がん検診だけでも受けてみることをお勧めします → 世田谷区子宮がん検診

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *