【レシピ】アーモンドフラワーGFバナナブレッド(グルテンフリー)

相変わらずグルテンフリーのスイーツ作りにハマっている髙島です。

 

幼い頃、バナナが熟れてヤバイ状態になると
母親と一緒によくバナナブレッドを焼きました。

そのバナナブレッドがとっても美味しくて、焼いたその日に二人でペロリと完食しちゃうほど。笑

 

当時はもちろんグルテンフリーとか全く考えていなかったので、市販のホットケーキミックスを使っていましたが
最近またあの懐かしいバナナブレッドが食べたくて、Wheat Belly に沿ったレシピを作ってみました!

(日本では一般的にこういうのをバナナケーキと呼ぶのかな…?でも私にとってはバナナブレッドなので、名前はあえてバナナブレッドのままにしてあります!)

 

印刷
アーモンドフラワーGFバナナブレッド
Prep Time
15 mins
Cook Time
20 mins
Total Time
35 mins
 

とっても簡単なGF(グルテンフリー)のしっとりバナナブレッド!

チアエッグを使うことでプチプチ美味しいです♡

卵は使っているのでヴィーガンではありません

甘さ控えめなので朝食べるのにもナイスです

できあがり量: 1 ケーキ型分(直径13cmx高さ3.5cm)
by: chiyo
Ingredients
  • チアエッグ(チアシード大さじ1+水大さじ3): 1
  • アーモンドフラワー(プードル): 90 g
  • ベーキングソーダ(重曹): 小さじ 1/4
  • ラカントS: 大さじ 1 1/2
  • シナモン: 少々
  • ナツメグ(あれば): 少々
  • 完熟バナナ: 1 本
  • 卵: 1
  • アップルサイダービネガー(リンゴ酢)もしくはレモン汁: 小さじ 1/2
  • 水: 小さじ 1
  • バニラエッセンス: 4-5 滴
Instructions
  1. チアシードと水を混ぜて5分ほど置いてチアエッグを用意し、ノンフライヤーを160℃に予熱

  2. スケールの上にビニール袋を置き、ドライの材料を入れてよく混ぜる(アーモンドフラワー、ベーキングソーダ、ラカントS、シナモン、ナツメグ)

  3. ボウルに完熟バナナを入れて、フォークなどでしっかりつぶす

  4. バナナがつぶせたら、ウェットの材料(卵、チアエッグ、アップルサイダービネガー、水、バニラエッセンス)をボウルに加えてよく混ぜる

  5. ボウルにドライの材料も加え、混ぜ過ぎないようにやさしく混ぜる(20回ほどで我慢!)

  6. ケーキ型に流し込む(このレシピでは直径13cm x 高さ3.4cmのケーキ型使用)

  7. 160℃で15分焼き、中心につまようじを刺して生地がくっつくようならもう5分くらい焼く

  8. 焼きあがったらノンフライヤーから出し、30分くらい待ってから美味しくいただく!

 

このレシピは、『アーモンドフラワーGF蒸しパンマフィン』のレシピをアレンジしたものなので、こちらも Wheat Belly でダメとされている『junk carbs(=ジャンクカーボ)』を使っていません。

一般的にグルテンフリーとして販売されている焼き菓子系の食品は米粉、コーンスターチ、タピオカスターチ、ポテトスターチなどを使っていますが、それらの『junk carbs』は小麦以上に血糖値を上げてしまったり、代謝に悪影響を及ぼしたり炎症の原因になるので避けるべき、と著者 Dr. William Davis は書かれています。

 

このバナナブレッドにはそういった『junk carbs』が一切入っていないので、guilt free (=ギルトフリー、罪悪感ゼロ!)で楽しめますよ❤️

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *